仁愛大学 Jin-ai University

CAMPUSBLOG

仁愛大学事務局です。

教職員の防災意識の向上を目的として、9月6日(火)に教職員対象の自衛防災訓練等を実施しました。

当日は、台風11号の接近に伴う強風の影響により、予定していた屋外での訓練は中止となりました。

教職員は、基本的な消防設備の使い方に関するDVDを視聴した後、消防設備業者の指導のもと、学内の消防用設備の配置確認や使用方法の説明を受けました。

総計91名の教職員が参加しました。

IMG_0219.jpg

IMG_0242.jpg

PXL_20220906_061659268.jpg

本学では、万一の災害に備え、今後も計画的に訓練を実施していきます。

7月31日(日)「課題研究作戦会議 〜今日 あなたの問いは 明らかになるか?〜」が開催されました。
9時30分から16時の日程で実施され、まず全体(約200名の高校生と約20名の高校教諭)を対象とした研修会、その後、5会場に分かれての発表会が行われました。
本学の6名の教員と参加高校の5名の教員がファシリテーターとなり、1件当たり約10分間の発表、10分間の質疑応答の"場"を作り、活発なディスカッションを促しました。

参加高校は、高志高校、鯖江高校、武生高校、武生東高校、若狭高校の5校が参加し、192名の参加申込があり、発表者数は122名。
個人の発表とグループでの発表を合わせて50件、各会場とも活発なディスカッションが行われました。

IMG_8883.jpgIMG_8898.jpg
IMG_8914.jpgIMG_8926.jpg
IMG_8952.jpgIMG_9003.jpg
IMG_9011.jpg


こんにちは。学務課です。

仁愛大学では、独立行政法人日本学生支援機構「新型コロナウイルス感染症対策助成事業(「食」に対する支援)」の対象事業の取り組みとして、7月中の毎週水曜・木曜日11時30分~13時限定で「100円丼フェア」を大学食堂で実施しています。

P1070915.jpg

昨年12月に実施して大好評だった「コロナに負けるな!学生応援キャンペーン」の第2弾で、今回は水曜日がカレーライス、木曜日は日替わり丼が100円で提供されます。

初日の6日(水)は、100円のカレーライスを求めて多くの学生が食堂を訪れていました。

P1070922.jpg

P1070921.jpgP1070917.jpg

P1070914.jpgP1070924.jpg

明日7日(木)の日替わり丼は「からマヨ丼」だそうです。

学生の皆さん、7月の水曜・木曜日はぜひ、学食で100円丼を味わって下さい!

こんにちは。学務課です。

6月25日(土)、保護者の方々を対象とした2022年度教育懇談会を仁愛大学で開催しました。

6月4日(金)・5日(日)に実施した石川・富山会場に引き続き、コロナ感染対策をとった上で3年ぶりに全学科対面で行われた懇談会となり、多くの保護者の方々がご来場くださいました。

thumbnail_IMG_3122.jpg

田代学長の挨拶から始まり、各学科において学科の教育内容の説明や国家試験の対策、キャリア支援についての説明をおこないました。

thumbnail_IMG_3108.jpg

【心理学科】

P1070909.jpgP1070911.jpg

【コミュニケーション学科】

thumbnail_IMG_3116.jpgP1070907.jpg

【健康栄養学科】

thumbnail_IMG_3120.jpgthumbnail_IMG_3118.jpg

【子ども教育学科】

thumbnail_IMG_3115.jpgP1070908.jpg

どの保護者の方々も、教職員の説明に熱心に耳を傾け、メモを取っておられました。

保護者の皆さま、当日は大変な暑さの中、足をお運びいただき誠にありがとうございました。

こんにちは。入学・広報センターです。

HP内のバーチャルオープンキャンパスがリニューアルされました!
キャプチャ.png

仁大生がキャンパス内を紹介するキャンパス紹介動画や、学科説明・模擬授業・入試説明等の動画を見ることができます!
オープンキャンパスに参加したことがある方も、まだ参加したことがない方も是非ご覧ください♪
バーチャルオープンキャンパスで、仁愛大学を知って、学んで、体験してください!

バーチャルオープンキャンパスはこちらから

また、「WEB個別相談」も随時受け付けておりますので、お気軽にお申し込みください。
お申し込みはこちらから

こんにちは。学務課です。

仁愛大学は6月17日、ウクライナの人道危機支援のため本学学生・教職員から募った救援金を、日本赤十字社福井県支部に寄託しました。

この救援金の募金活動は、本学コミュニケーション学科教員でウクライナに所縁のあるマイケル・クズィフ先生が母国の人たちのためにと発案されて開始されたもので、3月10日~5月31日の期間、事務局と学生支援センターに募金箱を設置しました。
IMG_3074.jpg

学内の教職員と学生から集まった救援金350,000円と募金箱に入っていたウクライナの方たちへのメッセージは、本学を代表してクズィフ先生と学友会会長の子ども教育学科3年・柳生竜寿さんが持参しました。

20220617_085643.jpg

坪川利隆日赤福井県支部事務局長に救援金を渡すクズィフ先生と学友会長の柳生さん

救援金は、日本赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動の支援金として活用されます。

1日も早く戦争が終結し、ウクライナの方たちに平和な生活が戻ることをお祈りいたします。

IMG_3097.jpg