仁愛大学 Jin-ai University

人間生活学部子ども教育学科

0歳から小学生まで、とことん子どもに向き合う。

保・幼・小の連携や地域・家庭との協力、子育て支援、次世代育成支援など、今、大きな変動期を迎えつつある子ども教育の現場では、従来の枠におさまらない、より豊かな能力や人間性が求められています。本学科は小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、児童厚生員の免許・資格に対応。子どもを長期的な視野でとらえ、現場でリーダーシップをとれる人材を育成します。

学びの特色

01教育先進県の福井県で子ども教育を学ぶ

福井県の小中学生は学力・体力ともに全国の上位にランクイン。さらに「福井型18年教育」の推進など独自の取り組みをしており、全国が注目する教育先進県となっています。ここ仁愛大学では、子ども教育の最新の動向を間近で感じながら学ぶことができるのです。

02乳児から小学生へ子どもの発達を連続的にとらえる

保育所や幼稚園から小学校に入学するとどんな一日を過ごすのか、逆に小学生はどんな乳幼児期を過ごしてきたのか。発達段階を連続的にとらえ、子どもを取りまく環境の変化への理解を深め、子どもの心身の健やかな成長を支えられるスペシャリストを目指します。

03多様な年代の子どもを支援できる4つの免許・資格

小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士、そして児童厚生一級指導員という4つの免許・資格をすべて取得できるカリキュラム。0歳から18歳まで幅広い年代を対象として学びを深め、幅広い知識と指導力、行動力など、教育現場で求められる力を身につけられます。

NEWS

More

PAGE TOP