仁大生の活動紹介、キャンパスの様子などをお届けします。

キャンパスブログ

こんにちは、学生生活課です。

20170808jindaigakuyuukai001.jpg
本日、平成29年8月8日(火)、仁愛大学の学友会(学生の自治組織)の執行部会役員と
本学学長、副学長、学部長、学生支援センターの各先生方、学生生活課の職員方々が一堂に介し、懇談会が開催されました。

20170808jindaigakuyuukai002.jpg
おりしも、本日は、大型の台風5号が接近し、悪天候の中、開催も危ぶまれましたが、予定されていた学生のほぼ全員が出席、
会食をしながら、学生のみなさんの忌憚のない意見を聴く貴重な機会となりました。

20170808jindaigakuyuukai003.jpg
今後も、本学では、学生のみなさんに対する支援の充実、よりよい支援体制について検討していきます。

20170808jindaigakuyuukai004.jpg
懇談会終了後、学友会学生、教職員とで記念撮影。

学生のみなさん、各先生方、本日はご多忙のところ、ありがとうございました。

こんにちは、学生生活課です。

20170806jindaiyosakoi023.jpg
昨夜の「福井フェニックスまつり」に引き続き、今日もうだるような暑さの中、仁愛大学よさこい"我楽"のパフォーマンスが繰り広げられました。

2017080jindaiyosakoi007.jpg
円陣を組み、チームワークは最高潮!

20170806jindaiyosakoi003.jpg
「第一回きねの祭り」(「きねの」=福井県の方言で「きてみてください」の意。)

こんにちは、学生生活課です。

暑い夏がやってきました!

20170805jindaiyosakoi023 (640x480).jpg
平成29年8月5日(土)、JR福井駅周辺は、今年も祭り"福井フェニックスまつり"が盛大に行われています。

20170805jindaiyosakoi044 (640x480).jpg
「Yosakoi(ヨサコイ)イッチョライ」にて、仁愛大学の学生サークル「よさこい"我楽"(がらく)」も、学生たちは、心から楽しみながら、華麗な舞いを披露しておりました。

20170805jindaiyosakoi065 (640x480).jpg
日頃の練習の成果が発揮されまして、仁愛大学よさこい"我楽"は、今宵、栄えある「イッチョライNPO賞」を受賞いたしました!

20170805jindaiyosakoi013 (640x480).jpg
よさこい"我楽"は、明日(平成29年8月6日(日))14時22分から、福井県庁前にて、「第一回きねの祭り」でも、再びパフォーマンスが披露されます

明日も、仁愛大学よさこい"我楽"の完成度の高いパフォーマンスにご期待ください!
学生のみなさん、今宵はおめでとうございました! お疲れさまでした!

みなさんこんにちは!入学・広報センターです!
8月のオープンキャンパスを開催しました。
たくさんの方のご来場いただき誠にありがとうございました。

IMG_6331.jpg

模擬授業や学科体験などいかがだったでしょうか。
学科での体験コーナーなどでは、各学科での特徴的な体験ができたと思います!

IMG_6343.jpgIMG_6385.jpgIMG_6364.jpgIMG_6354.jpg

次回のオープンキャンパスは9/10(日)に開催いたします。
みなさまのご来場、お待ちしております!

IMG_6400.jpg

7月25日(火)、「研究倫理・コンプライアンス研修会」を実施しました。
これは、文部科学省が定める「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」の要請に基づき毎年開催しており、教職員、非常勤教員及び大学院生あわせて89名が参加しました。
IMG_0094.jpg

研修会には、ロバスト・ジャパン株式会社の矢野覚士氏を講師にお招きし、「研究活動におけるコンプライアンスに関して」「研究活動における特定不正行為について」の構成で、研究費の不正使用・不正受給の事例や個人データの保全、日本における研究不正の内容について等、事例クイズを交えながら講演いただきました。
参加者からは「(日本では過失による研究不正が多いと聞き)知らない間に不正を働いているのではという恐怖がある。実例を多く知りたい」等の感想があがり、研究倫理・コンプライアンスについての重要性を再認識する機会となりました。
IMG_7850.jpg

続けて、科研費で多くの採択実績をお持ちである福井県立大の山川修先生を講師に科研費研修会を開催。
「科研費に採択されるために」をテーマに、研究計画調書の書き方のポイントについて大変分かりやすく講演いただきました。
IMG_7854.jpg
中でも、山川先生ご自身の、採択、不採択となった計画調書を使ってどちらが採択された調書かを考える演習では、各グループごとに先生方が活発な意見を述べ、さまざまな発見がある有意義な時間となりました。
参加した先生からは「今まで調書を書くにあたりどう書いたらいいのか分からず筆が進まなかったが、研究を整理して今後につなげるためにも書いてみようと思えるきっかけになった」等の意見があがり、大変好評でした。
IMG_7856.jpgIMG_0118.jpg

▲TOP