大学案内 / 学長メッセージ

禿学長

 仁愛大学は、地元越前市の支援並びに福井県の協力を得て、地域に根差し、地域の未来を支える人材の育成を目指して2001年に開設されました。

 現在、本学は、人間学部(心理学科・コミュニケーション学科)、人間生活学部(健康栄養学科・子ども教育学科)及び大学院人間学研究科(臨床心理学専攻)で構成されています。基本的な主題として「人間」を対象に据え、人間の「こころ」や「人間関係」などを中心とした「心の在りよう」から、健康の維持や保育・教育といったより具体的な「生活の在りよう」まで、多面的に教育・研究を行っています。加えて、仏典から択びとられた「仁愛」の語に込められている「いのちのつながり、支えあい」の認識とそれらの「相互敬愛」という仏教的精神のもとで、心豊かなより良い社会の実現に向けて実践的に活動しようとする人材を育てていきたいと願っています。

 本学で学ばれる皆さんが、各分野での専門的な知識・技術とともに、幅広い教養と主体的に学んでいく姿勢、態度を身につけることで、現代社会の抱える諸課題を探求し、その解決に向けて活躍できる力を培うよう、教育・研究活動を展開していきたいと考えています。

学長 禿 正宣

▲TOP