健康栄養学科 / 卒業生の声

妊婦さんたちへの栄養指導ができる管理栄養士に。

妊婦さんたちへの栄養指導ができる管理栄養士に。

大学で勉強をしていく中で、特に妊娠期・授乳期の栄養管理に興味を持ち、産婦人科の管理栄養士になりたいと思うようになりました。就職活動ではマナー講習や自己分析、志望理由の書き方などの就職支援がとても役に立ったと思います。私が勤めているクリニックは、一人一人に合った丁寧な対応ができることが魅力。食事においても同じで、素材一つ一つにこだわってつくっていることにとても惹かれました。今は毎日厨房に入って調理をしたり、発注をかけたり、両親学級で栄養の話をするための資料づくりなどをしています。これからも覚えることや勉強することがたくさんありますが、将来は、検診に来る妊婦さんたちに自信を持って栄養指導できるようになりたいです。

糸魚川 怜子 2015年3月卒業 医療・福祉  管理栄養士・栄養士  本多レディースクリニック勤務

 現場でしっかり経験を積み、頼られる存在になりたい。 現場でしっかり経験を積み、頼られる存在になりたい。

現場でしっかり経験を積み、頼られる存在になりたい。 現場でしっかり経験を積み、頼られる存在になりたい。

厨房業務をしっかりこなせるようになりたいと思ったので、給食委託の仕事に就きました。現在は調理や盛り付け、献立作成、発注などを行っているほか、行事食のときなどは施設の栄養士さんとの打ち合わせもしています。食物アレルギーのある方や病気で食事制限のある方もいらっしゃるので、なぜ制限が必要なのかを理解できていなければなりません。そして、ほかの従業員にも説明して理解してもらうことが大切です。そういうときに仁愛大学で学んだ臨床栄養学や食品学などの知識が役に立っています。また、給食経営管理論で学んだことは利益を出すための数字の管理に欠かせません。現場でもっと経験を積んで、頼りにしてもらえる管理栄養士になりたいです。

奥村 遥香 2015年3月卒業 給食委託  管理栄養士・栄養士  富士産業株式会社勤務

食べることの大切さや楽しさを子どもたちに伝えたい。

食べることの大切さや楽しさを子どもたちに伝えたい。

子どもが大好きで、子どもの健康にかかわれる保育所の管理栄養士を希望していました。さらに、見学で訪れた保育所で「日ごろの食生活の中で食の大切さや楽しさなどを子どもたちに伝えること」を一番大事にしていることに感銘を受け、この道への想いが一層強くなりました。今は保育所で毎日手づくりの給食とおやつを用意しています。将来の目標は「食べるってこんなに楽しい!」と心から思える子どもを一人でも多く育てること。そのためにも、専門知識を活かし、多くの食品に触れ、味わう機会を提供していきたいと思っています。仁愛大学で調理学の基礎から実践的に学ぶとともに、食品や栄養の知識から人体や疾病まで幅広い専門知識を身に付けられて良かったです。

松田 衣里加 2015年3月卒業 保育所  管理栄養士・栄養士  社会福祉法人ゆきんこの会 ゆきんこ森田保育園勤務

同じ夢を持った仲間と出会い 切磋琢磨しながら成長を遂げた

同じ夢を持った仲間と出会い 切磋琢磨しながら成長を遂げた

管理栄養士になるという夢を実現できる大学が地元にあることを知り、仁愛大学を志望。地元の大学なら地元の就職情報にも強いと思ったことも選んだ理由のひとつです。学生時代はよさこいサークルでの活動やアルバイトを通じ、多くの人と関わりました。その中で仲間を思いやる気持ちの大切さを知り、これが現在の仕事の進め方にもいい影響を与えています。また、管理栄養士になるという共通の夢を持った友達も大きな存在でした。皆で支え合いながら資格取得の試験勉強に臨んだことで、知識の習得に対して常に前向きになれたのです。一方、キャリア支援センターの方からも試験前に励ましをいただくなど、勇気付けられました。今はまだ管理栄養士として一歩を踏み出したばかり。早く一人前になりたいとポジティブ志向で奮闘中です。

歌門葉月 2014年3月卒業 社会福祉法人敬仁会特別養護老人ホーム渓山荘勤務

体験型の授業で得た知識が今の仕事場でしっかり活用できる

体験型の授業で得た知識が今の仕事場でしっかり活用できる

かねてから栄養学について興味を持っていたので、大学生活ではその分野の勉強を特に励んできました。就職する時は、懸命に修得したことを生かせる仕事に就きたいと考え、栄養士を志望。勤務先については、学校か病院のどちらに進むかとても迷いました。そこでいろいろ考えてみると、病気は予防が重要で、病院のお世話になる前に食を通じて健康な体づくりを実践することの大切さを伝えていきたいと思うようになり、学校栄養士の仕事を選択。実際に働いてみると、実習や実験などの体験型授業で得た知識や感じた思いが活用でき、子どもたちに栄養摂取の重要性を伝える際にも役立っています。学校給食は奥深く、まだまだ吸収しておきたい知識があると感じていますので、学生時代のようなひたむきさを忘れず勉強を続けていきたいです。

松本 綾 2014年3月卒業 珠洲市 宝立小中学校勤務

入院患者さまだけでなく、ゆくゆくは外来患者さまへの栄養指導も行うのが目標。

入院患者さまだけでなく、ゆくゆくは外来患者さまへの栄養指導も行うのが目標。

「病院で働きたい」というのが就職活動での希望でした。就職先の病院の説明会で、今回栄養士を初めて採用し栄養指導プログラムを一から作っていくことや、ゆくゆくは保健指導なども担って欲しいと考える院長の展望を伺い、管理栄養士として働く魅力とやりがいを感じました。現在は入院患者さまに対し、調理や献立作成、栄養指導などを行っています。栄養管理の方法や患者さまとの接し方など、大学時代の病院実習がとても役立っています。また大学4年間を通じて積極的に学ぶ姿勢が身についたので、これからも勉強を怠らず、多くの知識を患者さまに伝えていきたいです。今後は外来患者さまへの個人または集団での栄養指導も積極的に行い、「リハビリだけでなく、栄養・食事のことも聞けてためになる」と思っていただける病院にしていきたいです。

益永紗由里 2013年3月卒業(3年次編入学) 大森整形外科リウマチ科勤務

▲TOP