仁大生の活動紹介、キャンパスの様子などをお届けします。

キャンパスブログ

時速5kmの衝撃

2013年9月27日 大学の様子

こんにちは。学生生活課の田宮です。
10月27日(金)からの後期授業開始にあわせ、26日(木)に全学ガイダンスが実施され、その中のひとつとして安全運転講習会が開催されました。
越前警察署交通課の方が講師として、交通事故防止についてお話してくださいました。

その警察署の方が一緒に大学に連れて来られたのがこれ。

20130926シートベルト着用効果体験001.JPG
「シートベルト着用効果体験車」です!

この車、シートベルト着用時に時速5kmの状態で衝突した際の衝撃度を体感できる装置がついています。学生や教職員も体験させてもらいました。

ゆるやかな傾斜を座席がゆっくり滑り落ちていき停止棒に衝突した途端、

20130926シートベルト着用効果体験005.JPG
「ガーン!」

え、これで時速5kmなの?と驚くくらいの衝撃度でした。あばら骨にベルトが食い込んで痛かったです。
体験車ということで、ぶつかることが自分で分かっていてこれだけの衝撃を受けるのですから、実際の事故でもっとスピードが出ている状態で衝突した場合は・・・と想像しただけでぞっとしました。
シートベルトを着用していなかったため車外に放り出されて命を落とすことがよくあることは聞いていましたが、今回の体験で納得です。
運転者だけではなく、助手席、後部座席でも同じこと。
安全運転を心がけ、事故にあわない、起こさないように気をつけましょう。

▲TOP