仁愛大学 Jin-ai University

開学20周年記念サイトはこちら

人間学部

コミュニケーション学科

学科TOPICS

2021年09月16日【YOUは何しに静岡へ】幸せボンビーガールにも出演!COM卒業生がパフェ屋の社長!頑張っています!!

仁愛大学コミュニケーション学科では、現代社会の課題解決に取り組める人材を養成しており、ほとんどの学生が福井県内の就職を目指して活動を行っています。しかし、もともと県外の企業に興味があったり、大学で様々な活動を行う中で県外の企業に興味を持って県外へ就職した先輩もいます。

今回は、静岡県に移住し、アオイパフェの店長をしている青柳美月さんに移住の経緯も含めて、色々なお話を伺ってきました。青柳さんは日本テレビ系列の「幸せボンビーガール」にも出演し、SNS等でも大きく話題になりました。

青柳さんは、2020年3月に仁愛大学コミュニケーション学科を卒業し、静岡のパフェ専門店アオイパフェに就職しました。

20210911_175234.jpg

しかし、2020年1月から猛威を奮っていた新型コロナウイルスの影響で、なんと4月に入社して1週間で営業自粛、ようやく再開した矢先にオーナーから営業終了の宣告があったそうです。

アオイパフェはこれまでに、ご家族やカップルを中心として毎年約1万人が訪れ、InstagramやTwitterでも写真映えがするパフェ専門店、静岡らしいものが食べられるスイーツ店として人気を博していました。コロナ自粛期間中、従来のメニューの改定や新しいメニューの試作、新しい仕入先の開拓、販促ツールの制作など、アフターコロナに向けて様々な準備をしてきた矢先の話でした。

そして、青柳さんが「このまま無くなって欲しくない、お店をなんとか存続できないか...」そんな思いでオーナーに相談をしたところ、「青柳さんが社長やってくれるなら協力する」( ;∀;)

オーナーからはそんな予想もしていない返答。これは千載一遇のチャンスだと思い、この返答を受け、お店を任せていただけることになったそうです。

ということで入社3カ月でいきなり社長!(そして店長!!)。

コロナ禍で自粛ムードの中、さらに専門的な経営の知識が多くない中で、青柳さんのアオイパフェ運営がスタートしました。

最初からすべてうまくいくわけはなく、クラウドファンディングの活用やSNSマーケティング戦略の勉強など、青柳さんがおこなってきた様々な工夫や活動は、「幸せボンビーガール」の放送の中でも取り上げられていました。筆者が取材に行った2021年9月現在では、「運営はなんとか軌道に乗ったけれど、コロナ禍もあり、今年の夏は雨が多くて大変です。ちなみに幸せボンビーガール放送後はすごい人が来ました(笑)」とお話されていました。

さて、そんな青柳さんですが、大学時代から静岡県への移住を考えていたそうです。

大学2年生の時にコミュニケーション学科の中で地域の課題解決に取り組む研究室を選択。ビジネスのアイディアを考案し、新規性、実現性、有用性、地域性などのビジネスを企画する上での基本事項を学びました。そして、様々なコンテストに応募したそうです。その後、「静岡に移住したいなら、静岡という地域で役に立つビジネスを考案しようぜ」と先生からのアドバイスを受け、しずおかビジネスプランコンテストにも応募しました。

静岡.png20190729_142822.jpg

以下は、青柳さんの2年間の受賞歴です。

ーーー

福井発!ビジネスプランコンテスト2018 
 プラン名「カニの甲羅から生まれたご当地化粧品~温泉deキレイになろっさ~」応募数87件

 学生の部 準グランプリ、会場賞、増田喜賞、Genky Drug Stores賞、エクセレントメディカル賞

・第17回しずおかビジネスプランコンテスト(2019) 
 プラン名「世界の山の問題を静岡の海から変える 天草ソリューション」応募数96件

 学生の部 最優秀賞(グランプリ)
 ※このリンクからしずおかビジネスプランコンテストの発表の様子が閲覧できます。

異能vation 2019 ジェネレーションアワード部門 ノミネート プラン名「HearLife」
 ※14,488件のアイディア中、185件がノミネート

ーーー

凄まじい実績ですね!!準グランプリとグランプリ...!!異能vation も大奮闘!

福井県のビジネスプランでは福井県に寄り添ったアイディアを、静岡県のビジネスプランでは静岡の海で多く水揚げされる天草(寒天の材料)を用いて富士山のゴミ問題を解決するアイディアを考案したそう。両プランともSDGsを考慮し、5年後10年後の社会をイメージしたプランだそうです。

ちなみに、しずおかビジネスプランコンテストでは、県外の学生が最優秀賞を獲得できたのはこのプランが初めてとのこと。その他にも、青柳さんは静岡愛にあふれていて、静岡移住体験に参加したり、インターンシップで静岡市役所に行くなど、大学時代から静岡県に移住するために様々な活動をしていました。現在、アオイパフェで販売しているパフェにも、静岡産の美味しいものがたくさん入っているそう!

20210911_170916.jpg

また、2021年9月にお話を伺った際に、「大学時代のどのような経験が今に生きていますか?」と伺ったところ、「自分たちが考案したビジネスのアイディアを形にするために企画書を書いたり、ブラッシュアップするために企業や市、地域の方へ、アポイントをとって打ち合わせに行った経験が一番今に生きていますね」との回答を頂きました。コミュニケーション学科の学びが今も生きてますね!!

青柳さん色々お話ありがとうございました! おすすめのアオイフルーツパフェとても美味しかったです!

20210911_155135.jpg

PAGE TOP