仁愛大学 Jin-ai University

開学20周年記念サイトはこちら

人間学部

心理学科

カリキュラム



心理学の学びのフィールドは、実に広範囲にわたるため、1・2年次には心理学全般の基礎的なことを幅広く学び、その中から自分が関心のあるテーマを見つけていきます。3・4年次には「臨床系」「行動・支援系」「産業・社会系」という3つの系について、より深く学んでいくカリキュラム。また、3年次からの「心理学特別演習(ゼミ)」では、卒業研究に取り組み、その成果を集大成として論文にまとめます。


臨床系の科目


一人ひとり異なる心の問題を解決していくー
教育・福祉・医療・司法など、社会のあらゆる場面で心理的な援助の必要性が高まっています。それぞれの環境において生じる心の問題を解決するために必要となるのが、一人ひとり異なる個性や生活環境などをふまえ、その個人とともに探究していくことです。臨床系では、カウンセリング、箱庭療法、家族療法、芸術療法など、幅広い心理臨床の歴史や理論を学び、実践力を身につけます。


行動・支援系の科目


行動を分析して心地よい生活を支援するー
いろいろな状況下で観察される行動を測定・分析し、心の動きやシステムを解明して研究するのが、行動・支援系です。認知、学習、感情といった心の働きや成長に伴う心の変化と発達を、表情、発言内容、課題成績、眼球運動や脳波を含む生理反応などの行動からとらえ、快適な生活を送るための支援を考えます。心理学が「行動の科学」と呼ばれることを象徴する分野といえます。


産業・社会系の科目


集団社会での心理を解明し、実社会に活かすー
人間は、生涯にわたり集団や社会の中で他者と関わって過ごす社会的な存在です。人と人との関係の中で成長し、学校や職場など大きな集団のメンバーとなり、やがて自分の家庭をつくります。産業・社会系では、現実的で社会的な基礎に立って人間のあり方を見つめ、家族の心理、職場のメンタルヘルス、消費行動など、実社会で活かせる人間関係や行動の原理について、心理学的に究明します。

拡大して見る

PAGE TOP