仁愛大学 Jin-ai University

開学20周年記念サイトはこちら

人間生活学部

子ども教育学科

学科TOPICS

2018年03月20日晴れの日

3月15日(木)、暖かい春の日ざしの中、仁愛大学・大学院学位記授与式が挙行されました。

DSC_1295.jpg

子ども教育学科では、毎年恒例となっている教職員を招いての卒業生から感謝のメッセージ、歌のプレゼントがありました。
スライドで4年間の思い出を振り返り、全員で合唱が行われました。
曲目は、「365日の紙飛行機」、演奏は中野ゼミの学生でした。4年間の様々な思い出から涙する学生もおり、心のこもった素敵なプレゼントとなりました。

P1020869.jpgP1020870.jpg

全学の学位記授与式の後、子ども教育学科では卒業生・教員全員が集まり、一人ひとりに学位記が手渡されます。

P1020875.jpg

個々の学位記配布の後、総代、保育者養成協議会会長賞受賞者、答辞代表者、成績優秀者を表彰し、賞状や盾が贈られました。

P1020878.jpgP1020883.jpgP1020885.jpgP1020889.jpgP1020890.jpgP1020892.jpgP1020895.jpgP1020897.jpg


伊東知之学科長よりお祝いの挨拶があり、「西遊記」の話に出てくる三蔵法師の3人のお供が意味するものから、社会人として歩んでいくにあたって「知恵を使うこと、生活の基盤をしっかり作ること、無理をしすぎないこと」の大切さが伝えられました。

P1020876.jpg

今年度で退官される木曽利雄教授より卒業生に向けて「和顔愛語」、山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」の言葉が送られました。
特に、教育者・保育者となる人に対しては、相手を「ほめる」ことの大切さが伝えられました。

P1020900.jpg
DSC_1328.jpgDSC_1331.jpg

4年間の学びを生かして、卒業生の皆さんがこれから活躍していくことを期待しています。
また近況報告などで大学を訪れてくれるのを待っています。
ご卒業おめでとうございます!

PAGE TOP