仁愛大学 Jin-ai University

開学20周年記念サイトはこちら

人間生活学部

子ども教育学科

学科TOPICS

2015年11月04日子ども教育学科 ホームカミングデイ 2015

10/18(日)世灯祭の二日目に子ども教育学科ホームカミングデーを開催しました。卒業生、在校生、学科退職教員、学科教員が集まり、食事をしながら和やかに会が進みました。

まず、本学科の青井准教授が「子ども・子育て支援新制度について」というテーマでミニレクチャーを行いました。保育・教育現場で働く卒業生にとっては、自分たちの仕事が新制度のなかでどのように位置付くのかが理解できたようでした。

P1010152.jpg

次に、卒業生から近況報告と在校生へのメッセージを話してもらいました。

P1010153.jpg

近況報告の中では、
・覚える仕事が多くて多忙な毎日を過ごしている
・仕事の種類が多く、オールマイティに仕事ができないといけないと感じた
・子どもの笑顔や保護者から「子どもが◯◯先生に会いたくて登園してきた」と聞くとエネルギーをもらえる
などの意見が出ました。

在校生へのメッセージでは
・今のうちに多くの園にボランティアをするなどして、多様な保育方法や保育方針などを学んでおいたほうがよい
・保育技術を磨き、パネルシアターやエプロンシアターなど、実践で活用できる保育教材を多く作成しておくとよい
・学生生活の中で講義で学ぶことだけではなく、仕事で生かせる得意分野を自主的に磨くようにしたほうがよい
など、熱く語ってくれました。

退職された先生方からも近況報告や卒業生・在校生への励ましのお言葉をいただきました。
在校生は卒業生の声を聞いて、仕事の大変さとやりがいを実感したようでした。また久しぶりに会う卒業生同士で情報交換を行う姿なども見られました。

卒業生から大変ながらも充実した仕事ぶりを聞くことができ、学科としても嬉しい限りです。またこのような機会を継続して設けることで、卒業生との交流を深めていく予定です。

ホームカミングデーの詳しい様子は、子ども教育通信vol.21にも掲載しています。ぜひそちらもご覧ください。

PAGE TOP