Jindai Wi-Fi 学内無線LAN環境

利用申請 クイックリンク

本学の学生・教職員は、以下の中から選択して学内にて申請してください。(申請・利用についての詳細はこちら

JindaiWiFi320.png

学外から来学された方が、一時的に利用されたい場合は、こちらでゲストユーザーの登録をしてください。

申請の詳細についてお知りになりたい方は、以下の説明(もしくは印刷用PDF版)をお読みになったうえで申請し利用してください。

eduroam参加機関の方は申請せずに利用可能です。


無線LAN

本学では、学内無線LAN環境(以下 Jindai Wi-Fi)により、学生・教職員・来学研究者・一般来学者の方々が、ノートPCやスマートフォン・タブレット等(以下 端末)を接続し学内サーバやインターネット上の各種情報にアクセスすることができるよう整備を行っております。

利用を希望する方は、仁愛大学ネットワーク利用規程を遵守し、各自の責任において申請・設定を行っていただくようお願いします。利用可能エリアは、ほぼ全館(A号館~G号館の講義室・研究室・会議室)となっています。(なお電波による無線接続である特徴から、電波状況により完全な接続を保証できないことをご了承ください。)

利用方法

Jindai Wi-Fiの利用においては、利用する方の属性、利用する端末の種類などにより、申請方法・設定方法・利用条件・接続手順などが異なります。以下の内容を熟読の上対応願います。

① 利用者属性と利用条件

別表1「利用者属性と利用条件」を参考に、自身の利用者属性(学生・教職員・一般来学者)に応じた希望する利用条件から、申請フォーム名を選択してください。

② 申請方法

別表1「利用者属性と利用条件」にて選択した申請フォーム名に応じて、別表2「申請内容と接続」を参考に学内にてオンラインで申請してください。(用紙等の提出は不要)

まず端末にてWi-Fiを有効にした後、SSIDとして「jindai-apply」を選択して無線ネットワークに接続してください。(接続用キー・パスワードは 「wificonnect」)

その後Webブラウザにより、以下のいずれかの申請フォームにアクセスし申請を行ってください。(このページトップのクイックリンク)と同じです。

学生・教職員は本学のアカウント(例:メールアドレスがxxxx@jindai.ac.jpの場合、xxxx)とパスワード(情報ネットワーク管理室より配布・通知済み)でログインする必要があります。

なお、「jindai-apply」は申請専用のネットワークであり、このページの他、申請用サーバのみにしか接続ができません。インターネットへの接続は「利用時に選択するSSID」から、選んでください。

  • 持込端末として申請した端末からは jindai-BYOD
  • クライアント証明書を発行しインストールした端末からは jindai-11a もしくはjindai-11g
  • 他の無線接続機器として申請した端末からは jindai-other
  • ゲストユーザーのユーザー名とパスワードが発行された方はjindai-guest

③ OS毎の接続方法

別表2「申請内容と接続」に得られる情報をもとに、ネットワークに接続してください。接続方法は各種端末OS毎に異なり、それぞれに以下のOS毎の別資料を参考にしてください。

各端末にて一度接続が成功した場合、その後は自動的に接続することが可能です。しかし逆に申請専用SSID「jindai-apply」は、自動的に接続されてしまうと、インターネットの利用ができませんので、他の申請が不要であればネットワークを削除することをお勧めします。

④ 利用上の注意

Wi-Fi接続は目に見えない電波を用いるため、不特定多数の者による盗聴の危険性が伴います。Jindai Wi-Fiにおいては、現在考えうる最も高セキュリティであるWPA2 AESによる通信の暗号化を用いて対策を行っております。しかしながら、通信上のセキュリティは、最終的なWebサイト等のアクセス先までの経路の全てにおいて確保される必要があります。Webサイト等の利用においてはSSL証明書によるサーバの安全性等をご確認ください。また電子メールにおいても平文が送受信される場合がありますので、機密情報の取扱いについては十分ご注意ください。

Wi-Fiに用いられる電波の周波数帯(2.4GHz)は、電子レンジやコードレス電話、Bluetooth、コードレスマウス/キーボードで用いられる周波数帯と近いためそれらの干渉を受ける場合があります。研究室等において、それらの機器をご利用になる場合はご留意ください。

Jindai Wi-Fiの利用可能なエリアは、ほぼ全館(A号館~F号館の講義室・研究室・会議室等)となっていますが、一部のエリアによっては壁の材質・厚さ等により電波強度が弱くなる場合があります。また同時接続者数による影響もありますので、ご留意ください。

▲TOP