教員情報田代 俊孝 TASHIRO SHUNKO

コミュニケーション学科
教授
博士(文学)

専門分野

真宗学
生命倫理学
死生学

主な研究テーマ

親鸞教学の研究
仏教と生命倫理
ビハーラ(仏教ホスピス)

主な授業科目

仏教の人間観 
生命の倫理
人間学特論

主な所属学会

日本インド学仏教学会(理事)
真宗連合学会(参与)
日本生命倫理学会(評議員)
日本仏教学会
真宗教学学会
東海印度学仏教学会(理事)
三重真宗教学学会(会長)
中部人間学会(会長)

主な著書・論文・作品等

〇単著
『親鸞の生と死-デス・エデュケーションの立場から』(1989・法蔵館 増補版2004 )
『広い世界を求めて-登校拒否の心を開いた歎異抄-』(1989 毎日新聞社)
『悲しみからの仏教入門 死に学ぶ生の尊さ』(1992 法蔵館)
O RESPEITO A'VIDA-(1992,Sao Pauro: Editora Budagaya)
『真宗と「いのちの教育」』(1994 東本願寺出版)
『御文に学ぶ-真宗入門-』(1996 法蔵館)
『続・悲しみからの仏教入門- 死に学ぶ生の尊さ-』(1996 法蔵館)
『蓮如と一休』(1997 法蔵館)
LIVING AND DYING IN BUDDHIST CULTURES(1998,U.S.A : University of Hawaii at Manoa )
『仏教とビハーラ運動-死生学入門-』(1999 法蔵館)
『やさしく語る仏教と生命倫理』(1999 法蔵館)
『かけ込み寺への恩返し-行順寺報恩水道物語-』(2000 法蔵館)
『いのちの満足』(2001 法蔵館)
『清澤満之に学ぶ生と死』(2004 法蔵館)
BUDDHISM AND DEATH COUNSELING(2004,U.S.A Honolulu: Awakening Press)
『ビハーラ往生のすすめ-悲しみからのメッセージ-』(2005 法蔵館)
『唯信鈔文意講讃-選択と唯信-』(2009 東本願寺出版)
『ひと・ほとけ・いのち-非科学のいのち論-』(2010 自照社出版)
『唯信鈔文意講義』(2012 法蔵館)
『親鸞思想の再発見-現代人の仏教体験のために-』(2016 法蔵館)
『親鸞教学の課題と論究』(2016 方丈堂出版)
『実如上人筆 御文(御文章)解説』(2016 方丈堂出版)
『愚禿鈔講讃-教相判釈と真宗開顕-』(2019 東本願寺出版)

〇共著・編著
『死そして生を考える』(市民のためのビハーラⅠ)編著(1989 同朋舎出版)
『ガン体験からの人生観』(市民のためのビハーラⅡ)編著(1990 同朋舎出版)
『いのちを見つめた三人の証言-デス・カウンセリングの提唱-』編著(1990 同朋舎出版)
『死を看取る心と仏教』(市民のためのビハーラⅢ)編著(1991 同朋舎出版)
『脳死・臓器移植を考える-心と心のつながりの中で-』編著、勝又義直、加藤良夫と共著(1992 同朋舎出版)
『いのちを支える介護』(市民のためのビハーラⅣ)編著(1994 同朋舎出版)
『現代人の死生観』(市民のためのビハーラⅤ)編著(1994 同朋舎出版)
『心を支える・ビハーラ』責任編集(講座いのちの教育第1巻)編著(1995 法蔵館)
『いのちの未来・生命倫理』責任編集(講座いのちの教育第2巻)編著(1996 法蔵館)
『いのちを育む・教育』(講座いのちの教育第3巻)編著(1997 法蔵館)
『骨道を歩む』宮城顗との共著(2000 法蔵館)
『動く仏教・実践する仏教-仏教とユング心理学-』目幸黙僊・河合隼雄・池田勇諦との共著(2005 法蔵館)
『親鸞聖人と『教行信証』の世界』編著、五木寛之、寺川俊昭、吉本隆明らが執筆(2006 法蔵館)
『人間を観る-科学の向こうにあるもの-』編著、養老孟司・上田紀行・阿満利麿、青木新門と共著(2006 法蔵館)
『安楽死・尊厳死』(シリーズ生命倫理学)甲斐克則・谷田憲俊編、共著(2012 丸善書店)
『ビハーラ医療団-学びと実践-』(ビハーラ医療団講義集I)編著(2012 自照社出版)
『念仏医療者たちの臨床聞法録』-』(ビハーラ医療団講義集II)編著(2013自照社出版)
『穢土の看取りと浄土の看取り』-』(ビハーラ医療団講義集III)編著(2014 自照社出版)
『他力のビハーラ』-』(ビハーラ医療団講義集IV)編著(2015 自照社出版)
『ビハーラの往生と成仏』(ビハーラ医療団講義集V)編著(2016 自照社出版)
『ビハーラハーラと歎異抄による救い』(ビハーラ医療団講義集VI)編著(2017 自照社出版)
『信を得ることとビハーラ』(ビハーラ医療団講義集VII)編著(2018 自照社出版

〇論文
CiNii>田代俊孝
INBUDS>田代俊孝

主な社会・地域活動

老いと病のための心の相談室代表(1990~2001)
名古屋大学医学部倫理審査委員(1990~2018)
カリフォルニア州立大学ノースリッジ校客員研究員(1992)
ブラジル南米真宗教学研究所客員講師(1993~1995)
ブラジル、サンパウロ総合大学、マリンガ大学、アラサツーバ・トレード大学特別講師(1993~1995)
ハワイ大学マノア校サマーセミナー講師(1995)
中部労災病院倫理審査委員(1995~現在)
名古屋大学医学部附属病院遺伝子治療安全審査委員(1997~2010)
ビハーラ医療団世話人代表(1998~現在)
名古屋大学医学部バイオ先端介入研究安全審査委員(2011~2018)
名古屋大学医学部ヒトゲノム・バイオ先端観察研究専門審査委員(2011~2018)
名古屋大学医学部附属病院医療倫理審査委員会委員(2011~2018)
名古屋大学特定認定再生医療等委員会委員(2015~2018)
大同病院倫理審査委員(2015~現在)
教育・研究に対する考え方

教育・研究に関する考え方

 仏教の研究においては、教理研究とともに、その実践的展開の研究が必要と考える。その立場から仏教と医療との関わりをライフワークとして研究している。仏教と医療を繋ぐことによって新しい展開を試み、従来の文献学研究を中心とした仏教研究に対し、応用仏教、実践仏教という新しい分野を開いた。特にビハーラ(仏教ホスピス)の提唱者の一人でもあり、その理論をリードしてきた。

▲TOP