教員情報中野 研也 NAKANO Kenya

子ども教育学科
准教授
芸術学士

専門分野

音楽
器楽

主な研究テーマ

ピアノ作品の演奏表現研究
幼児音楽教育

主な授業科目

音楽 I
基礎ピアノ I
音楽の世界
子ども教育特別演習
芸術の世界

主な所属学会

全日本ピアノ指導者教会
日本ピアノ教育連盟

主な著書・論文・作品等

1995、1997、1998、2000、2007、2008、2013 ピアノ・ソロ・リサイタル(名古屋、福井)
1997 第5回東海市民名曲コンサート(愛知)
1998 アンサンブル ウィーン=ベルリン(名古屋)
2002 ハンガリー・フェスティバル「ハンガリー音楽の旅」(名古屋)
2003 ジョルジュ・ナードル教授門下「ハンガリー国立リスト音楽院留学生による[3 RECITALS]」(福井)
2006 仁愛女子短期大学音楽学科教員による「ピアノ・トリオの夕べ」(金沢)
2006 フルート二重奏の夕べ(福井)
2007 「交歓演奏会」(米国サウス・カロライナ州クレムソン大学)
2004〜2011 仁愛女子短期大学音楽学科教員演奏会「室内楽の夕べ」(福井)

主な社会・地域活動

日本ピアノ教育連盟オーディション審査員
全国保育士養成協議会 保育士試験 音楽科目採点委員
アールン・ピアノ・コンペティション審査員
石川県白山市青少年ピアノコンクール審査員
ショパン国際ピアノコンクールin Asia審査員
日本バッハコンクールin KANAZAWA審査員

教育・研究に関する考え方

音楽は「勉強するもの」ではなく「楽しみ、感じるもの」だと思っています。しかし、例えばスポーツなどと同じで、音楽をすることを「楽しめる」には、最低限の基礎を身に付けることが絶対に必要です。土台がしっかりとしていればしているほど、その上での表現もまた自由になっていきます。ルールを知って自由に振る舞う、これがいい音楽だと思います。

その他

近年、ピアニストの職業病であるフォーカル・ジストニアを身をもって体験したことで、身体に無理が掛からない、理にかなった演奏法の研究と指導を心掛けるとともに、故障をただ治すのではなく、それを如何に乗りこなすかについて考えるようになりました。

▲TOP