教員情報森 俊之 MORI Toshiyuki

心理学科, 大学院 臨床心理学専攻
教授
博士(心理学)

専門分野

発達心理学
臨床心理学

主な研究テーマ

保育環境と子どもの育ちに関する研究
親や保育者としての育ちに関する研究

主な授業科目

性格心理学
心理検査法Ⅰ
心理療法論Ⅰ
臨床心理演習

主な所属学会

日本心理学会
日本発達心理学会
日本心理臨床学会
日本福祉心理学会
日本保育学会

主な著書・論文・作品等

2002.発達心理学:これからの保育を考える(共著),誕生に向けた準備期間:胎児の様子,丸善
2003.はじめて学ぶ人の臨床心理学(共著),パーソナリティ,中央法規出版
2003.共に育ちあう保育を求めて(共著),臨床心理学と保育,みらい
2005.新選・児童養護の原理と内容(共著),社会的児童養護の現状,みらい
2008.保育士のための自己評価チェックリスト(共著),萌文書林
2009.新保育所保育指針の展開(共著),建帛社
2009.保育におけるリーダーシップ(共編訳),あいり出版
2011.保育の心理学Ⅱ(共著),個人差や発達過程に応じた保育,北大路書房
2011.ブックスタート経験の有無が子どもの生活習慣や読書環境等に及ぼす影響,仁愛大学研究紀要
2013.子育て支援従事者の総合的な研修プログラムに関する研究,財団法人こども未来財団

主な社会・地域活動

あわら市次世代育成支援行動計画策定委員会 委員長(2005,2009〜2010)
坂井市次世代育成支援行動計画策定委員会 委員長(2009〜2010)
鯖江市次世代育成支援行動計画策定委員会 委員長(2009〜2010)
厚生労働省「保育所保育指針」改定に関する検討会ワーキンググループ 委員(2007〜2008)
越前市健康21推進協議会 委員(2008~2010,2012~現在)
福井県臨床心理士会 事務局長(2009〜現在)
越前市保育カウンセラー(2011〜現在)
鯖江市子ども子育て会議 副会長(2013~現在)
あわら市子ども子育て会議 会長(2014~現在)
福井市保育カウンセラー(2014~現在)

教育・研究に関する考え方

当たり前かもしれませんが、私たちが生きているさまざまな局面に心理学が絡んでいます。生活の中のちょっとした工夫でより幸せになれる、そんな心理学を築いていきたいと考えています。学生にも、心理学を学ぶことを通して、いろいろな視点から自分自身と生活、そして社会を見直すことのできる態度を身につけてもらいたいと考えています。

▲TOP