仁愛大学 Jin-ai University

開学20周年記念サイトはこちら

大学紹介

教員・学術情報

教員情報

伊禮 三之IREI Mitsuyuki

子ども教育学科

  • 教授
  • 教育学(修士)
研究分野
  • 数学教育
主な研究テーマ
  • 《実験数学》によるカリキュラム開発
  • 数学教育におけるResearcher-like Activity (RLA)の授業開発
主な授業科目
  • 算数 
  • 算数科教育法
  • 教職論
  • 教育課程論Ⅱ
所属学協会
  • 数学教育協議会
  • 日本数学教育学会
  • 日本数学協会
主な著書・論文・作品等
  • 2018.主体的・対話的に学ぶ算数・数学教育-コンテンツとコンピテンシーをみすえて〔共著〕ミネルヴァ書房
  • 2018.算数・数学教育におけるゲームの役割―小学校低学年のゲーム例を中心に―〔共著〕琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)紀要第2巻(2017年度)
  • 2018.合同変換によるRLAのポスターセッション(中1)―お互いの考えに学び合う―〔共著〕琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)紀要第2巻(2017年度)
  • 2018.パスカルの三角形を題材としたRLA〔共著〕琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)紀要第2巻(2017年度)
  • 2018.高校数学における能動的学習の試み―学び合いと作問活動を通して―〔共著〕琉球大学教育学部附属教育実践総合センター紀要第25号(2017年度)
  • 2018.「活用」を中心とした「データの分析」の指導―「自分ごと」として学びを捉える教材と展開の工夫―〔共著〕琉球大学教育学部附属教育実践総合センター紀要第25号(2017年度)
  • 2018.「数学的活動」の実践に関する考察―出前授業「楽しい数学」を通して―〔共著〕琉球大学教育学部附属教育実践総合センター紀要第25号(2017年度)
  • 2018.「ひらめき☆ときめきサイエンス」における算数・数学の実践-ボヤイ・ゲルヴィンの定理の教材開発を中心に-〔共著〕福井大学初等教育研究第3号(2017年度)
  • 2017.「新たな学びを展開できる実践的指導力」の育成に関する考察―「教職研究」を通して―〔共著〕琉球大学教育学部紀要第91集(2016年度)
  • 2017.教職希望学生に対する現実世界との往還による数学の授業―「2進法によるマジックカード」とその発展課題を通して―〔単著〕琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)紀要第1巻(2016年度)
  • 2017.ぼくの数学科教育法Ⅱ、数学教室、国土社(2017年4月号より連載中)
  • 2011.学校設定科目『楽しい数学』の1年 エクシート
主な社会・地域活動
  • 2013~現在.数学教育協議会副委員長
  • 2016~2017.沖縄県スーパーサイエンスハイスクール運営指導員、沖縄県教育委員会
  • 2016~2017.はごろも学習センター研究教員アドバイザー、宜野湾市立教育研究所
  • 2012~2013.福井県立藤島高等学校SSH科学技術人材育成重点枠プログラム『Fukui Magnet School For Science and Technology』メンター  
  • 2011~現在.学校法人自由の森学園公開教育研究会(数学)講師
  • 2009~2012.福井県数学教育研究会会長
  • 2009~2013.南部陽一郎記念ふくいサイエンス賞選考委員会委員、福井県教育委員会
教育・研究に関する考え方

我が国の子どもたちは、算数・数学に対する認知的な学力は高いものの、情意面はそうなっていません。こうした現状の改善に資するような算数・数学の楽しい授業づくりについていっしょに学んでいきましょう。

PAGE TOP