学生生活について

どのような奨学金がありますか?採用される際の条件はありますか?

本学独自は3種類。他に民間の制度も利用できます。条件はさまざまです。

本学独自の奨学金制度として、「世灯奨学金」、「課外活動等奨学金」、「応急奨学金」があります。また「日本学生支援機構奨学金」をはじめ地方公共団体による各種奨学金制度も利用することができます。

特待生制度はどのような制度ですか。

4年間の授業料が免除されます。ぜひ挑戦してください。

センター利用入試Ⅰ期、一般入試前期日程において、本学の定める一定以上の優秀な成績で合格し、出身高校における学業成績の優れた者に対し、4年間の授業料を免除します。入学後の学業を奨励するとともに学習意欲の高揚を図ることを目的としています。

他大学の授業が受けられる単位互換制度とはどういったものですか。

協定校の興味のある授業をうけて、単位としても認定される制度です。

福井県内大学および短期大学(福井大学・福井県立大学・仁愛女子短期大学・福井工業高等専門学校および仁愛大学)は、単位互換制度を実施しています。仁愛大学では、学生自身の知的関心に基づいて他大学の授業科目を履修し、修得した単位を大学の単位として認定しています。

大学生活になじめるか心配。困ったときに相談できる所はありますか?

専門の心理カウンセラー(臨床心理士)による学生相談室があります。

臨床心理の専門的な知識が必要とされるような相談に、学生相談室で専門のカウンセラーによるカウンセリングを受けることができます。人間関係や進路の悩み、恋愛問題など、幅広く相談に応じています。もちろん個人のプライバシーは厳守されます。

海外語学研修に興味があります。どういったものがありますか?

単位として認定される8週間の語学研修プログラムがあります。

カリフォルニア州立大学フラトン校のアメリカンランゲージプログラム語学研修センターで週24時間の授業を受けます。授業はすべて英語で、6段階のレベルのクラスに分かれて学びます。研修期間中は地元の家庭でホームステイし、英語力を強化するとともに異文化での生活を体験。また、2週間の短期研修プログラムもあります。

親元を離れてひとり暮らしになります。住まいは紹介してもらえますか?

大学指定のマンションがあります。

宅配便預かり所や駐車場、学生同士のコミュニケーション・スペースも確保されています。入居者はすべて仁愛大学生なので安心・快適な生活を満喫できます。

就職不況だといわれていますが、ちゃんと就職できますか? 親も心配しています。

仁愛大学では、一人ひとりの学生が個性を活かして社会に羽ばたけるよう、1年次から4年次まで、各段階に応じた各種セミナーやガイダンス、資格取得のための受験対策講座、公務員対策講座などを開催するほか、3年次全員に対して個別進路面談を実施するなど、徹底した個別指導で就職活動をきめ細かく支援しています。

保護者の皆様には、就職活動の現状や内定獲得のポイントについてまとめた情報誌を発刊するなど、最新の情報提供に努めています。

仁愛大学では、幅広い業界とのパイプ作りに積極的に取り組み、信頼関係を築くなか、就職内定率は全国トップクラスの実績を維持しています。一緒に頑張りましょう。

入試について

人間学部で実施するセンタープラス入試について教えてください。

本学の一般入試を受験し、センター試験の高得点科目と合算する入試です。受験の負担を軽くしたい人、一般入試やセンター利用入試と同時出願して合格のチャンスを広げたい人、人間生活学部と併願する人、国公立大と併願する人などにおすすめです。

人間生活学部の一般入試前期日程のA方式・B方式の違いを教えてください。

どちらも300点満点で、A方式は英語+1科目選択(各150点)、B方式は英語+2科目選択(各100点)の試験です。選択科目は、国語(古文・漢文を除く)、数学Ⅰ・A、生物Ⅰ、化学Ⅰです。方式による有利不利はありませんので、自分の実力が発揮できる方式と科目を選んでください。

正直、まだ受験校で迷っています...。将来は地方公務員か会社員を考えています。

いま社会で最も求められている力は、コミュニケーション能力だと言われています。もしあなたが人事担当者なら、知識があるだけ、指示を待つだけ、特定の人としか話せないという人を採用するでしょうか。実際の職場では、上司や同僚だけでなく、地方公務員であれば住民と、会社員であれば取引先の企業や顧客とのつながりの中で働いていくことになります。そんな将来に向かって身につけておきたい力が、人の心や行動の理解なら心理学科を、自分や人を動かす企画・表現力、社会の調査・分析力、異文化理解力を備えた人間関係力ならコミュニケーション学科を、ぜひ考えてみてください。

将来、管理栄養士になりたいと思っています。大学に行くのと短大に行くのではどこが違いますか?

健康栄養学科は、修業年限4年の「管理栄養士養成施設」なので、卒業と同時に栄養士免許が取得でき、実務経験なしで管理栄養士国家試験を受験できます。
修業年限2年の「栄養士養成施設」である短大の卒業者は、管理栄養士国家試験を受験するために3年以上の実務経験が必要です。栄養管理や栄養指導の現場では、より高い専門性を備えた管理栄養士を求めており、栄養士として就職した人に対しても受験を奨励していますが、仕事と受験勉強の両立は、時間的・体力的に大変なことも考えておく必要があります。

センター利用入試について教えてください。

センター利用入試は、Ⅰ期・A期・Ⅱ期・Ⅲ期の4回を実施します。(A期は人間学部のみ実施します。)合否判定には、高得点科目を利用しますので、出題の際に科目を選択する必要はありません。Ⅰ期・Ⅱ期は、それぞれ一般入試の前期・後期と同時出願が可能です。また、Ⅱ期・Ⅲ期は、それぞれ国公立大学前期・後期の合格発表後に出願ができます。