仁愛大学 Jin-ai University

開学20周年記念サイトはこちら

人間生活学部

健康栄養学科

学外実習

豊富な臨地実習で、さまざまな現場を経験

大学学内での講義、実習を通して培った知識や技術を病院や福祉施設、学校、保健所、事業所などの施設の現場で、実践を通して実践力や応用力を向上させていきます。

実習指導について

〈事前指導〉
マナー講習会で基本的なビジネスマナーを身につけたり、実習ノートの記入方法を学んだりするほか、一人ひとりが実習テーマを設定します。また、実習直前にはお世話になる施設へあいさつに行き、事前打ち合わせをして注意事項などを確認します。
〈事後指導〉
実習報告書をまとめて提出し、授業でも発表して各施設での実習内容を学生間で共有します。また年に1回、実習施設の指導者の方々を招いて行う臨地実習報告会は、学生が実習で経験した内容を発表するほか、本学教員と実習先管理栄養士との意見交換の場ともなっています。

臨地実習

給食運営実習

給食における大量調理の実際と栄養士の役割を知る

学校、福祉施設(保育所、高齢者施設など)、事業所、病院において1週間の実習を行います。校外実習では、大学の授業の給食経営管理論で学んだ給食における栄養管理や衛生管理、作業管理などの給食実務の知識に基づき、学校、福祉施設、事業所、病院において実際の大量調理について理解し実践的な技術を学びます。

給食経営管理臨地実習

給食を円滑に運営する適切なマネジメントを行う管理栄養士の役割を知る

学校、福祉施設(保育所、高齢者施設など)、事業所、病院において1週間の実習を行います。給食運営実習は大量調理の実際を学びますが、給食経営管理臨地実習では施設の給食を円滑に運営するために必要な栄養管理、衛生管理、経営管理、人事管理などのマネジメントをこの臨地実習を通して実際に理解します。給食におけるマネジメントを担う管理栄養士の役割について学んでいきます。

公衆栄養臨地実習

地域住民の健康づくりを担う行政栄養士の役割を知る

保健所や市町村保健センターにおいて1週間の実習を行います。地域の特性に応じた地域住民の疾病対策と疾病予防に重点においた公衆栄養マネジメントの実際について理解し、他職種との連携についても実践的に学びます。

臨床栄養臨地実習

病院等での臨床分野で活躍する管理栄養士の役割を知る

病院・介護老人保健施設において2週間の実習を行います。授業で学んだ臨床栄養学の理論に基づき、疾病者を対象とした病態、栄養食事療法の実際に理解し、実践的な技術を学びます。

関連授業

栄養総合演習Ⅰ

「臨地実習前の準備」と「臨地実習後の反省とまとめ」

臨地実習における学習目標には、「課題発見と問題解決」と「専門的知識と技術の統合」の2つがあります。したがって、臨地実習前には、事前準備に十分な時間をかけて、実習に取り組むにあたっての目標を設定して目的意識を明確にしていきます。また、参加する実習施設の概要や特徴などを予習し、知識の整理や研究課題の検討などを行っていきます。さらに、臨地実習終了後にも各実習施設における実習内容、研究課題の報告、実践の場で学んだことなどの情報交換を行い、大学内での授業で学んだことと臨地実習での実践的な知識や技術を結び付け、知識と技術の統合と向上を図っていきます。

栄養総合演習Ⅱ

臨地実習で習得した知識と技術の発展

各臨地実習で確認できた知識や技術の不足部分や問題点について再認識して理解を深めます。専門的な分野で学んだ理論と方法論を総合的に応用し、各領域で栄養評価や管理が行える能力を養います。グループワークやグループディスカッション等を取り入れて、臨地実習で経験した内容や症例、カンファレンスなどの内容について理解を深めていきます。

臨地実習報告会

臨地実習報告会は、臨床栄養臨地実習を終えた4年生と公衆栄養実習または給食経営管理実習を終えた3年生が参加する報告会で、臨地実習施設の実習指導者を招いて11月に開催しています。報告会では、実習で行った内容および実習で学んだことを施設別にスライドを用いて発表します。

PAGE TOP