教員情報山本 浩範 YAMAMOTO Hironori

健康栄養学科
教授
博士(栄養学)

専門分野

臨床栄養学

主な研究テーマ

生体リン・ビタミンD代謝調節機構の統合的理解と生活習慣病予防への応用
体内時計を考慮した疾患特異的な栄養療法の開発基盤の確立

主な授業科目

臨床栄養学
健康・栄養特別演習

主な所属学会

日本栄養食糧学会
日本栄養改善学会
日本病態栄養学会
日本ビタミン学会
日本骨代謝学会
日本時間生物学会
日本フードファクター学会
米国骨代謝学会
米国腎臓病学会
日本腎栄養代謝研究会

主な著書・論文・作品等

2019. Regulation of α-Klotho Expression by Dietary Phosphate During Growth Periods. Calcif Tissue Int.
2018. Sterol regulatory element binding protein 1 trans-activates 25-hydroxy vitamin D3 24-hydroxylase gene expression in renal proximal tubular cells. Biochem Biophys Res Commun. 500(2):275-282.
2018. The age-related changes of dietary phosphate responsiveness in plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels and renal Cyp27b1 and Cyp24a1 gene expression is associated with renal α-Klotho gene expression in mice. J Clin Biochem Nutr., 62(1):68-74. 2017. Dietary phosphate exacerbates intestinal inflammation in experimental colitis. J Clin Biochem Nutr., 61(2):91-99. 2016. Transcriptional activation of the wild-type and mutant vitamin D receptors by vitamin D3 analogs. J Mol Endocrinol., 57(1):23-32. 2016. Effects of dietary phosphate on glucose and lipid metabolism. Am J Physiol Endocrinol Metab., 310(7):E526-538. 2015. Dietary phosphate supplementation delays the onset of iron deficiency anemia and affects iron status in rats. Nutr Res., 35(11):1016-24.
2014. Short-term dietary phosphate restriction up-regulates ileal fibroblast growth factor 15 gene expression in mice. J Clin Biochem Nutr., 54(2):102-8.
2014. Downregulation of renal type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter during lipopolysaccharide-induced acute inflammation. Am J Physiol Renal Physiol. 306(7):F744-50.
2013. Thyroid hormones decrease plasma 1α,25-dihydroxyvitamin D levels through transcriptional repression of the renal 25-hydroxyvitamin D3 1α-hydroxylase gene (CYP27B1). Endocrinology.154(2):609-22.
2013. Dietary phosphate restriction induces hepatic lipid accumulation through dysregulation of cholesterol metabolism in mice. Nutr Res., 33(7):586-93.
2012. Stanniocalcin 2 is associated with ectopic calcification in α-klotho mutant mice and inhibits hyperphosphatemia-induced calcification in aortic vascular smooth muscle cells. Bone, 50(4):998-1005.
2011. Paradoxical regulation of human FGF21 by both fasting and feeding signals: is FGF21 a nutritional adaptation factor? PLoS One., 6(8):e22976.
2010. Regulation of renal sodium-dependent phosphate co-transporter genes (Npt2a and Npt2c) by all-trans-retinoic acid and its receptors. Biochem J., 429(3):583-92.
2010. Thyroid hormones regulate phosphate homoeostasis through transcriptional control of the renal type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) gene. Biochem J., 427(1):161-9.

主な社会・地域活動

日本栄養改善学会 理事 
日本栄養改善学会 評議員
第66回 日本栄養改善学会学術総会 副会長 学術委員長
日本病態栄養学会 評議員
日本ビタミン学会 代議員
日本ビタミン学会 トピックス委員
日本フードファクター学会 評議員
日本栄養士会会員
日本栄養改善学会北陸支部 幹事

教育・研究に関する考え方

生体におけるリン・カルシウム・ビタミンD代謝の調節機構の統合的理解と生活習慣病予防に関する研究、特に、体内時計・時間栄養学に関する課題を中心に取り組んでいる。仁愛大学での学部間共同、福井大学医学部や福井県立大学と連携し、福井県における「食と疾患そして心と栄養」について授業や実習、研究を通じ、科学的エビデンスに基づく栄養療法を開発し、高い専門性を有する管理栄養士の人材育成を行いたいと考えている。

その他

H11 米国骨代謝学会 Young Investigator Award
H22 日本骨代謝学会 高得点演題賞
H22-24 科学研究費 若手研究A 採択 課題:「健康長寿の基盤となる新たな栄養センシング機構の解明と疾患予防法の開発」
H25-28 科学研究費 基盤研究B 採択 課題:「生体リンセンシング機構の統合的理解と生活習慣病予防への応用」(研究代表 山本浩範)
H25-27 科学研究費 挑戦的萌芽研究 採択 課題:「疾患特異的なトランスポーターの制御機構の解明と保健機能食品の開発基盤の確立」(研究代表 山本浩範)
H28-30 科学研究費 基盤研究C 採択 課題:「生体リン・ビタミンDセンシング機構の解明と新規CKD-MBD診断・予防法の開発」(研究代表 山本浩範)

▲TOP