教員情報矢橋 知枝 YAHASHI Chie

コミュニケーション学科
教授
修士 (文学),MPhil in Linguistics

専門分野

歴史英語学

主な研究テーマ

近代英語期Chapbookのおける形容詞の語用論的機能について

主な授業科目

英語学Ⅰ
英語学Ⅱ
英語学研究
英語音声学
言語コミュニケーション論

主な所属学会

日本英文学会
近代英語協会
英語史研究会
現代英語談話会
京大英文学会

主な著書・論文・作品等

2019. 映画Paddington (2014)とポライトネス ~賛辞が映し出す親疎関係~ 現代英語談話会論集 第14号
2017. 近代英語後期Chapbookと呼称の歴史語用論的機能 ~The History of Guy, Earl of Warwickの場合~ ALBION 第63号
2015. 18世紀イギリス大衆文学の言語特性~チャップ・ブックの限定形容詞をめぐって~ 仁愛大学研究紀要 第13号
2008. 限定形容詞の配列順序研究~歴史的視点への展開~ ALBION 第54号
2008. Central adjectives and Colour adjectives: Prenominal Adjective Ordering in English. 現代英語談話会論集 第3号
2005. English Renaissance Low Style: An Investigation of Lexicon and Its Field of Discourse 仁愛大学研究紀要 第4号
2003. 歴史英語学と言語コミュニケーション (共著) コミュニケーションをデザインする 行路社.

主な社会・地域活動

2019. 福井県中学校英語弁論大会審査員
2017. 近代英語協会編集委員 (現在に至る)
2016. 福井県高等学校英語弁論大会審査員
2015. 全国高等学校英語スピーチコンテスト東海北陸ブロック審査員
   福井県高等学校英語弁論大会審査員
2014. 現代英語談話会編集委員 (2016年3月まで)
2013. 福井県中学校英語弁論大会審査員
2011. Middle and Modern English Corpus Linguistics, Osaka実行委員
2006. The 27th International Conference of the Poetics and Linguistics Association実行委員(2007年10月まで)
2005. 第18回「世界青年の船」福井県訪問団 通訳
2004. テクスト研究学会 紀要論文審査委員
2003. 近代英語協会事務局員(2006年3月まで)
2002. 仁愛女子短期大学 “Tourist Information about Cambridge and the Local Area” 講師

教育・研究に関する考え方

真の国際人とは、高い語学力を持ち、他国のみならず自国の文化を踏まえた意見を持つ者と考え、実用目的のみの教育とならぬように心掛けている。研究の出発点は色彩語greenの通時的な意味変化であり、これまで近代英語期以降の大衆文学における言語特徴の特定を目的とし、研究を進めてきた。現在の関心は、近代英語期にイギリス大衆の間で流行したChapbooksの形容詞がどのように人間関係を反映しているかについて、歴史語用論の観点から捉えることにある。

その他

2016. 「近代英語後期における呼称-歴史語用論的機能を中心に」京大英文学会(京都大学)
2011.The Adjective Phrase and Eighteenth-Century Grammars. Middle and Modern English Linguistics, Osaka. (Osaka University, Japan)
2010. 研究費補助金採択基盤B「コーパス利用による英語の通時的地位的変異の融合的研究」(研究分担者)
2009.Nice and Lovely: ‘Affective Adjectives’ in the Late Modern English Literary Discourse. Middle and Modern English Linguistics. (University of Innsbruck, Austria)
2007.Prenominal Adjectives in the 18th-Century Chapbooks. The 27th International Conference of the Poetics and Linguistics Association. (Kansai Gaidai University, Japan)
2006.Perspicuity of Conjunctive Expressions in the English Renaissance. The 26th International Conference of the Poetics and Linguistics Association. (University of Joensuu, Finland)
2005.Renaissance Low Style and its Linguistic Characterization. The 14th World Congress of Applied Linguistics. (University of Wisconsin-Madison, USA)

▲TOP