教員情報野田 政弘 NODA Masahiro

子ども教育学科
教授
博士(学術)

専門分野

スポーツ方法学
スポーツ心理学

主な研究テーマ

スポーツ選手の心理的適性について
幼児の健康や体力について

主な授業科目

体育II
スポーツと健康
スポーツA
スポーツ心理学

主な所属学会

日本体育学会
日本スポーツ心理学会
日本体力医学会
日本教育医学会
日本保育学会

主な著書・論文・作品等

2018.遅寝(21時半以降)遅起(7時半以降)は幼児の運動能力の発達に影響を及ぼす?日本保育学会第71回大会(共同)
2017.福井県在住女子大学生の栄養摂取状況および身体活動量が筋肉量、筋力ならびに筋肉の質に及ぼす影響について.仁愛大学研究紀要人間生活学部篇第9号,15-26(共著)
2016.社会人サッカークラブチーム選手に対する栄養教育のための個人カルテの開発.仁愛大学研究紀要人間生活学部篇第8号,41-45(共著)
2015.社会人サッカークラブチーム選手の2時期の食事・身体活動および身体状況と心理的競技能力について.仁愛大学研究紀要人間生活学部篇第7号,11-20(共著)
2014.高校女子テニス部選手の栄養摂取状況と栄養教育の効果. 仁愛大学研究紀要人間生活学部篇第6号,7-14(共著)
2012.幼児のからだとこころを育てる運動遊び(分担執筆)杏林書院
2011.健康・スポーツ科学講義第2版(分担執筆)杏林書院

主な社会・地域活動

日本教育医学会理事
越前市スポーツ推進審議会副会長(2018〜)
全国保育士養成協議会中部ブロック幹事(2018〜)
越前市個人情報保護審議会会長(2017〜)
全国保育士養成協議会理事(2015〜2018)
北陸体育学会理事長(2014〜2016)

教育・研究に関する考え方

スポーツや身体活動のもつ力について、行なう、見る、学ぶ、研究するなどさまざまな活動を通して、学生の主体的な姿勢を引き出せるような指導を心掛けたい。

▲TOP