教員情報鳴瀨 碧 NARUSE Midori

健康栄養学科
教授
博士(医学)

専門分野

健康増進学
健康科学
スポーツ薬学(アンチ・ドーピング)
スポーツ栄養学

主な研究テーマ

地域間健康格差の発生要因解明と健康増進ならびに要介護度低減をめざした若年期からの健康対策
スポーツ選手の栄養摂取状況と食習慣が競技能力に及ぼす影響について
アンチ・ドーピング活動推進のための他職種連携について

主な授業科目

公衆衛生学
公衆衛生学実習
解剖生理学実験
運動生理学
生命科学

主な所属学会

日本薬剤師会
日本スポーツ栄養学会
日本栄養食糧学会
日本臨床栄養協会
日本ビタミン学会
日本衛生学会
日本健康運動指導士会

主な著書・論文・作品等

鳴瀬碧他:福井県在住女子大学生の栄養摂取状況および身体活動が,筋肉量,筋力ならびに筋肉の質に及ぼす影響について.仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第9号 p15-26 2018(共著)
鳴瀬碧他:社会人サッカークラブチーム選手に対する栄養教育のための個人カルテの開発.仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第8号 p41-45 2017(共著)
鳴瀬碧他:社会人サッカークラブチーム選手の2時期の食事・身体活動および身体状況と心理的競技能力について.仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第7号 p11-20 2016(共著)
鳴瀬碧他:高校女子テニス選手の栄養素摂取状況と栄養教育の効果,仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第6号 p7-13 2015(共著)
鳴瀬碧他:高校女子テニス選手の食習慣および栄養摂取状況の実態と練習時における身体活動量について.仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第4号 p1-6 2013(共著)
鳴瀬碧:ビタミンB1の毒性について.ビタミン 86巻 p640-646 2012(単著)
鳴瀬碧,平池秀和:第6章2.ビタミン過剰症.ビタミンの科学と最新応用技術(糸川嘉則監修) シーエムシー出版 p169-176 2011(共著)
Yoshihisa Naruse, Kentaro Oh-hashi, Norio Iijima, Midori Naruse et. al.:Circadian and light-induced transcription of clock gene Per1 depend on histone acetylation and deacetylation. Mol Cell Biol. Vol.24 No14 p6278-6287 2004(共著)
Midori M. Naruse et. al.:Effects of taste stimulation on the behavior of serum amino acid concentrations and amylase and trypsin activities in fasting rats. Journal of Nutritional Science and Vitaminology Vol.45 No.6 p733-746 1999(共著)
Ikuo Ohara, Midori M. Naruse et. al.:The effect of palatability and feeding conditions on digestive functions in rats. Journal of the American College of Nutrition Vol.15 No.2 p186-191 1996(共著)

主な社会・地域活動

福井県衛生環境研究センター 研究課題評価委員会委員
福井県衛生環境研究センター・福井県健康福祉センター 疫学倫理審査委員会委員
福井県薬剤師会理事(アンチ・ドーピング担当)
福井県薬剤師会 アンチ・ドーピング委員会委員長
福井県陸上競技担当スポーツファーマシスト(福井県体育協会福井県スポーツ医・科学委員会委嘱)

教育・研究に関する考え方

北陸地方特有の生活習慣と体力との関係を調査し、私たちが健康を維持・増進していくためには、ライフスタイルをどのように改善していけば良いのかについて栄養と運動の両面から考える。
また、アスリート・ジュニアアスリートに対して、健康増進・競技力向上・怪我の防止・ドーピングの防止について薬学・栄養学の両面から考え、サポートする。

その他

American College of Nutrition 41st Annual Meeting (in Las Vegas, USA, 2000) Best Poster Award Third Prize 受賞

▲TOP