看護のための臨床病態学(改訂2版)

本書は、臨床経験が豊富な専門医と看護師が分担執筆しており、臨床看護師に必要な知識を過不足なく解説し、看護師国家試験にも対応できるコンパクトにまとまった病態学の教科書である。本書を用いて、看護学生や卒後研修の臨床看護師のみならず、管理栄養士を目指す学生や管理栄養士も患者の病態を把握する臨床力を養成してほしい。