真宗誠照寺派 御文章講話

本書は俗人の生活のままで往生ができるという親鸞の教えの核心を追究する浄土真宗入門書。「お文」と呼ばれる手紙形式の文書に説かれる念仏の教えは、「如より来り、如につれ帰る」という如来の大悲が、ガンジス河の砂の数に例えられる無数の働きとなって人の目覚めをうながす願いであること。その受けとめ方を廻る手引書。