J・ベーメ の処女作にして主著でもある著作の全訳で、ベーメ神秘主義の精華と真髄を示している。