「死そして生」を考える(市民のためのビハーラ)