親鸞の生と死ーデス・エデュケーションの立場からー

ビハーラ運動の裏うち
ビハーラ運動を現代の仏教教化学の課題として取り上げ、昨年『死そして生を考える研究会』をスタートさせた筆者が、自らの具体的実践の裏うちとして、これを、専攻の真宗学の立場から、祖聖親鸞に研究された学的報告の書である。(序より)