教員情報樽井 雅彦 TARUI Masahiko

健康栄養学科
教授
修士(経営学)

専門分野

経済学
経営学

主な研究テーマ

大量給食に於ける衛生リスクコントロールの経済分析、食の安全確保と衛生リスクマネージメントに関する研究、新調理システム(インカートクッキングシステム)における衛生管理・料理オペレーション・献立作成等について

主な授業科目

給食経営管理論Ⅰ(給食計画)
給食経営管理論Ⅱ(マネジメント)
給食経営管理論Ⅲ(食料商品学)
給食経営管理論実習        給食運営校外実習 
給食経営管理臨地実習

主な所属学会

日本栄養改善学会
日本糖尿病学会
大阪府栄養士会
日本リスクマネジメント学会
工業経営研究学会

主な著書・論文・作品等

2003.給食施設を取り巻く最新衛生管理 -事業所給食における衛生教育- 関西実践経営第26号
2004.食品産業における品質管理について ~衛生管理法を通じて~ 関西実践経営第28号
2005.給食経営からみたリスク管理の方向性(修士論文) 甲子園大学
2005.集団給食施設(寮・寄宿舎)の現状と課題 ~開始後6カ月を経過して~ 関西実践経営第30号
2006.集団給食施設(寮・寄宿舎)の現状と課題 ロジスティック戦略に関する一考察 第二報 びわこ経済論集 第4巻 第1号
2011.給食経営管理論(共著) 理工図書
2012.大量調理施設における衛生管理の効率化と経営 東日本大震災とリスクマネジメント 危険と管理 第43号
2013.大量給食施設におけるABC(活動基準原価計算)による衛生管理関連原価分析の検討 衛生管理業務の原価計算 仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第5号(2013)
2014.大量給食施設における経営/競争力改善の検討 献立モデルの提案  仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第6(2014)
2015.調理システムの違いによる食品のにおいへの影響 ~インカートクッキングシステムとクックサーブの比較~ 仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第7号(2015)
2016.インカートクッキングシステムにおける咀嚼困難者用介護食の開発 仁愛大学研究紀要 人間生活学部篇 第8号(2016)

主な社会・地域活動

高齢者栄養食事指導研究会会長
2010年8月28日 工業経営研究学会国際大会 「大量調理における衛生管理の効率化と経営」
2010年9月25日 福井県栄養士会生涯教育 「給食経営管理論と栄養士」
2011年1月22日 香川県栄養士会生涯教育 「給食管理のリスク管理」
2011年8月27日 日本給食経営管理学会 「給食におけるリスクマネジメント」
2011年9月9日 日本リスクマネジメント学会 第35回全国大会 
「大量調理施設における衛生管理の効率化と経営」
2012月11月 産学連携(下村漆器店と締結)
※「新調理システムの献立・レシピ開発、栄養面、衛生面、運用面の学術的評価」監修 
2013年2月3日 第8回 日本栄養改善学会北陸支部学術総会 「インカートクッキングシステムについて」
2015年 11月 COC+(国の地方創生)事業に福井県の5大学連携としてバイオ・六次産業化分野に参加
2017年9月22日 特色人材育成部会 事業成果報告会 「バイオ・六次産業化推進プロジェクト~仁愛大学・福井県立大学からの発信~」

教育・研究に関する考え方

①現在、給食に於ける衛生管理についての適切な原価計算についての研究を行っている。これまでその絶対的必要性故にコスト意識が希薄であった衛生管理業務を取り上げ、学生とはその効率性向上、すなわち原価管理のための原価計算についての検討を行っていく。②新調理システム(インカートクッキングシステム)運用面全般について調査・研究を行う。

▲TOP