教員情報岸 愼治 KISHI Shinji

健康栄養学科
教授
博士(医学)

専門分野

内科学
血液内科学
臨床薬理学

主な研究テーマ

抗がん薬の臨床薬理
がん治療と栄養

主な授業科目

解剖生理学
病理学
臨床栄養病理学
臨床医学概論
健康管理概論
子どもの保健Ⅰ

主な所属学会

日本内科学会
日本血液学会
日本臨床薬理学会
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本輸血・細胞治療学会
日本痛風・核酸代謝学会
日本静脈経腸栄養学会
日本栄養改善学会
米国癌学会
米国血液学会

主な著書・論文・作品等

2015. 悪性リンパ腫治療マニュアル 改定第4版 (共著) 南江堂
2011. みんなに役立つ悪性リンパ腫の基礎と臨床 (共著) 医薬ジャーナル社
2008. よくわかる悪性リンパ腫のすべて (共著) 永井書店
2006. Childhood Leukemias  (共著) Cambridge University Press

2017.YM155 exerts potent cytotoxic activity against quiescent (G0/G1) multiple myeloma and bortezomib resistant cells via inhibition of survivin and Mcl-1. Oncotarget.
2017.Efficacy of aprepitant for CHOP chemotherapy-induced nausea, vomiting, and anorexia. Curr Probl Cancer.
2017.高尿酸血症・痛風治療薬の分類と薬物動態学・薬力学(PK/PD)序論, 高尿酸血症と痛風
2016. High Risk of Tumor Lysis Syndrome in Symptomatic Patients with Multiple Myeloma with Renal Dysfunction Treated with Bortezomib. Anticancer Res.
2015. Evaluation of staging and early response to chemotherapy with whole-body diffusion-weighted magnetic resonance imaging in malignant lymphoma patients: A comparison with FDG-PET/CT. J Magn Reson Imaging.
2010. Glutathione S-transferase M1 inhibits dexamethasone-induced apoptosis in association with the suppression of Bim through dual mechanisms in a lymphoblastic leukemia cell line. Cancer Sci.
2007. Ancestry and pharmacogenetics of antileukemic drug toxicity. blood
2006. A precise pharmacodynamic study showing the advantage of a marked reduction in cardiotoxicity in continuous infusion of doxorubicin. Leuk Lymphoma.
2004. Effects of prednisone and genetic polymorphisms on etoposide disposition in children with acute lymphoblastic leukemia. blood"

主な社会・地域活動

日本血液学会 代議員・指導医
日本臨床薬理学会 評議員
日本血液学会北陸地方会 評議員
日本輸血・細胞治療学会北陸支部 評議員
日本静脈経腸栄養学会北陸支部会 世話人
越前市国民健康保険運営協議会 委員

教育・研究に関する考え方

管理栄養士をめざす学生に必要な医学的知識を理解度を把握しながら、出来るだけわかりやすく講義をしていく。「抗がん薬による栄養障害」、「栄養補助食品と高尿酸血症」「悪性疾患と栄養障害」等をテーマとした研究を行う予定である。

▲TOP